こだわりの自家焙煎コーヒーはこちらから ショップへ

【世界最古のブランド】モカコーヒーの産地や味の特徴を解説

【世界最古のブランド】モカコーヒーの産地や味の特徴を解説

モカコーヒーは実は最古のコーヒーとも言われており、日本でも比較的流通しているお豆になります。

有名だからこそ名前は聞いたことあるけど、どういうものかは良くわからないという人も多いのではないでしょうか。

またチョコレートシロップの入ったカフェモカとイメージが混ざってしまうこともあるかかもしれませんが、モカコーヒーはどちらかというとすっきりとした酸味とフルーティーさが特徴のコーヒーになります。

目次

モカはイエメンの港の名前

モカコーヒーの名前の由来は、イエメンにあるモカ港です。

かつてはこのモカ港から輸出されたコーヒーは全て「モカコーヒー」と呼ばれていました。

この港からは隣国エチオピアのコーヒー豆も輸出されていたことから、エチオピア産の豆もまとめてモカコーヒーと呼ばれるようになりました。

モカコーヒーの産地

モカコーヒーの産地は、イエメンとエチオピアの2カ国がメインとなります。

イエメン

イエメン産のコーヒーは主に「モカ・マタリ」と呼ばれます。

イエメンは雨が少なく乾燥していることから、他国ではあまり見られない建物の屋根の上でコーヒーを乾燥・熟成させる製法が主流です。

それゆえにイエメンのモカコーヒーは独自のコクがあるフルーティーな味わいが特徴となっています。

エチオピア

エチオピア産のモカコーヒーは、「モカシダモ」や「モカイルガチェフ」など、それぞれの産地の名前をつけて販売されることが多いです。

しっかりとしたフルーツ感が特徴で、柑橘系やベリー系のフルーツで表現されるような甘さと酸味の絶妙なバランスが人々を魅了しています。

モカコーヒーの味わい

モカコーヒーの味わいはコーヒー豆の種類や育てられた地域によって多少個性はありますが、どちらもすっきりとした酸味と香りがあることが特徴です。

香りは香ばしくもほんのりと甘さもあり、全体的に苦味が控えめで軽い口当たりです。

イエメン産のモカは、その独自の製法から赤ワインやスパイスで例えられるような、少し奥行きのあるフルーツ感があることが多く、エチオピア産は逆にフルーツティーのようなかろやかな味わいが特徴です。

モカコーヒーのおすすめの飲み方

モカコーヒーは比較的苦味が薄く、爽やかな酸味があるため、ブラックでそのまま飲んでも飲みやすいのが特徴です。

ミルクを入れるとまろやかさが増し、ミルクティーのような雰囲気を楽しむことができます。

夏場などはすっきりとしたフルーティーさを活かして、アイスコーヒーなどもおすすめです。

モカコーヒーの歴史

コーヒー豆 中煎り

モカコーヒーの起源は15世紀ごろとされており、この時期にはもうすでにモカ港からコーヒーの輸出があったという記録があります。

その後もモカ港からは多くのコーヒーが世界に向けて輸出されていましたが、19世紀前後からは度重なる紛争や伝染病の影響などもあり、モカコーヒーはだんだんと衰退していってしまいました。

まとめ

モカコーヒーはかつて栄えていたイエメンの港の名前が由来で、モカ港から輸出されるイエメン産とエチオピア産のコーヒーの総称です。

爽やかでフルーティーな味わいが特徴なので、コーヒーを飲んですっきりしたい時におすすめです。


  • URLをコピーしました!
目次