アイリッシュコーヒーって何? レシピや飲み方もご紹介!

「アイリッシュコーヒー」というドリンクをカフェやバーなどで近頃よく目にするようになりました。

アイリッシュコーヒーという名前は知っていても

実はどういうものかわからない

気になっているけど飲んだことはない

という人も多いのではないでしょうか。

お店で飲むのはもちろん自宅でも簡単に楽しめるアイリッシュコーヒーの世界をご紹介します!

この記事でわかること
  • アイリッシュコーヒーはコーヒーが入ったホットカルテルのこと
  • ほっとできる甘さとウイスキーの豊かなフレーバーが特徴
  • 自宅で簡単に再現可能
  • アイスで楽しんだり、甘いトッピングもできる!
  • アイリッシュ・ウイスキーであればなんでも大丈夫
  • 深煎りのコーヒー豆がおすすめ!
  • 層が綺麗に見えるグラスがベスト!
目次

アイリッシュコーヒーって何?

アイリッシュコーヒーはコーヒーという名前ながらも実はコーヒーが入ったホットカクテルです。

アイリッシュ・ウイスキーをベースにコーヒーとお砂糖そしてトッピングにたっぷりの生クリームをあしらった贅沢なコーヒーカクテルになります。

コーヒーを使ったお酒というとカルーアミルクエスプレッソマティーニなども人気ですが、アイリッシュコーヒーはホットでゆっくりコーヒーとウイスキーの香りを楽しみながら飲む冬にぴったりのカクテル。



名前の通りアイリッシュコーヒーは1940年頃にアイルランドの小さな港で考案され世界中に広まったんです。

この港には、長距離飛行を行う飛行艇が燃料補給をするために経由する水上飛行場がありました。

飛行艇が給油する間に凍えながら待っている乗客や船員をもてなすために誕生したのがこのアイリッシュコーヒーと言われています。

アイリッシュコーヒーの味は?

ほっとできるような甘さとコーヒーとウイスキーの豊かなフレーバーが特徴です。

またホットで提供されることからウイスキーの香りがたちやすく、味だけでなく香りも楽しめるドリンクになっています。

上にはたっぷりと生クリームが乗っており、暖かなコーヒーとウイスキーのベースにだんだんと生クリームが溶け込んで行くので、最後はゆったりとした甘さとなめらかな口当たりが残ります。

アイリッシュコーヒーの基本のレシピ

カクテルというと、お店で飲むものというイメージが強いですが、意外にもアイリッシュコーヒーは自宅で簡単に再現が可能です。

基本の材料
コーヒー 120〜150ml (コーヒーカップ1配分程度)
アイリッシュ・ウイスキー 30ml
角砂糖 2〜3個
生クリーム 適量

STEP
グラスにホットコーヒーを注ぐ

(※冬場はあらかじめグラスを温めておくと◯)

STEP
砂糖を入れ溶かす
STEP
アイリッシュ・ウイスキーを入れ混ぜる
STEP
泡立てた生クリームを上に載せる

初めて作る場合は上記の量を目安に作るのがおすすめです。

ただ、アイリッシュコーヒーに決まった分量や配分はありません。

アイリッシュ・ウイスキー自体がしっかりと度数の高いお酒ですので、お酒が苦手な方はウイスキーの量を少なめにしても大丈夫です。

ウイスキー自体に香りがしっかりとあるので、少量でもアイリッシュ・ウイスキーの香りは楽しめるかと思います。



また、甘すぎるのが苦手な方は生クリームもあるので、お砂糖の量を調整しても◯

角砂糖はブラウンシュガーにするとよりコクと香ばしさが出ておすすめです!

生クリームはスプーンで無造作に載せても味がありますし、余裕があればしぼり袋に入れて綺麗に絞り出しても可愛いです。

アイリッシュコーヒーのひと工夫レシピ

アイリッシュコーヒーの基本のレシピを楽しんだら、ちょっとしたアレンジにもチャレンジしてみましょう。

アイリッシュコーヒーは、材料それぞれの分量はもちろん比較的自由にアレンジが可能な飲み物になります。

自宅で簡単にできるアレンジばかりなので、ぜひ試してみてください。

アイスで楽しむ

アイリッシュコーヒーは、暖かいコーヒーを使ったホットカクテルですが、アイスコーヒーを使ってアイスで楽しむことも可能です。

グラスに氷とアイスコーヒーを入れ、お砂糖の代わりにガムシロップを注ぎます。

そこに生クリームをトッピングすれば、簡単にアイスアイリッシュコーヒーの完成です。

わかりやすく解説している記事を載せておきます!

【ダイイチ・アカデミー】未経験か...
アイリッシュコーヒー アイスレシピ(作り方) | コールドドリンク|【ダイイチ・アカデミー】未経験から始め... アイリッシュコーヒー、定番のコーヒーカクテルを冷たく夏バージョンに!

フランベする

フランベとは、アルコール度数の高いお酒に火をつけ、アルコールを一気に飛ばす調理法のことです。

フランス料理などでよくみられる手法ですが、カクテルを作る際にも、強いカクテルのアルコールを飛ばして飲みやすくしたり、香りを引き立たせるためにフランベをすることがあります。

アイリッシュコーヒーをフランベすると、アルコール度数が低くなってとても飲みやすくなるので、お酒の強い味や香りが苦手な方にはおすすめです。

また、フランベし終わった瞬間はアイリッシュ・ウイスキーの香りが立ってとても良い香りが楽しめるのもポイントです。



アイリッシュコーヒーでフランベをする際は、ホットコーヒーにウイスキーを混ぜたところで、表面に火を近づけフランベをしてみましょう。

火はマッチを使うか、なければチャッカマンのようなものでも可能です。

ライターなどでも代用可能ではありますが、フランベは思ったよりも火が大きくなることもあるので、手元と着火部分が部分が近いものはあまりおすすめできません。

トッピングする

アイリッシュコーヒーにはすでに上に生クリームがトッピングされていますが、その上からさらにお好みでプラスのトッピングをしてみるのもおすすめです。

甘いものが好きな方でしたら、キャラメルソースチョコレートソースなどはもちろん、ハチミツメープルシロップなどもおすすめです。

また、香りの良いシナモンパウダーココアパウダーを少しふりかけてみたり、甘すぎない方がいい場合はダークチョコレートオレンジピールを削って上にかけてみたりしても香りに変化がついて楽しいかと思います。

他にも砕いたナッツや、チョコレートなども見た目が華やかになるのでおすすめです。

アイリッシュコーヒーにおすすめのウイスキー

アイリッシュコーヒーに使うウイスキーは、基本はアイリッシュ・ウイスキーであればなんでも大丈夫です。

アイリッシュ・ウイスキーという点を強調したのは、実は同じレシピでもアイリッシュ・ウイスキーの代わりに

ベースにスコッチ・ウイスキーを使うと「ゲーリックコーヒー」

バーボンを使うと「ケンタッキーコーヒー」

など、使うウイスキーによって名前が変わるんです。

他にも

ブランデーを使ったものは「カフェロワイヤル」

アクアビットを使ったものは「スカンジナヴィアンコーヒー」

カルヴァドスを使ったものは「ノルマンディーコーヒー」

ベースのお酒によって異なる名前がつけられています。

ジェムソンカスクメイツ

ジェムソンカスクメイツはアイルランドのコークという都市で作られているウイスキー。

アイリッシュ・ウイスキーの中でも一番の売上高を誇る人気の銘柄です。

かなりメジャーなので、日本でも手に入りやすいかと思います。

値段も手頃なので、アイリッシュコーヒーを作る際には定番のウイスキーです。



ウイスキーとしてはとても飲みやすく、ハチミツやメープルのようなしっかりとした甘みとリンゴのようなフルーツ感があります。

また、カカオや深煎りのコーヒーを思わせるような深いコクと香りがあるため、アイリッシュコーヒーを作る際にコーヒーとウイスキーの香りが喧嘩をすることなく、見事に調和するのもおすすめポイントの一つです。

ジェムソンカスクメイツ

ブッシュミルズブラックブッシュ

こちらは、アイルランドのブッシュミルズ蒸溜所という世界最古の蒸溜所で作られているウイスキーになります。

100%アイルランド産の大麦にこだわっており、またモルトの使用率が80%と高いことから、高級感のあるしっかりとした香りが楽しめます。

こちらもジェムソンカスクメイツ同様、嫌なクセが少なくすっきりとした口当たりが特徴。

後味にしっかりと甘みとチョコレートのようなビター感があるのでコーヒーとの相性も抜群です。

ブッシュミルズブラックブッシュ

アイリッシュコーヒーには深煎りのコーヒー豆

コーヒー豆 深煎り 

アイリッシュコーヒーにおすすめのコーヒー豆は、ウイスキーの強い香りにも負けないしっかりとコクのある深煎りがおすすめです。

基本的にはどういった豆でもアイリッシュコーヒーを作ることは可能ですが、浅煎りの豆などさっぱりとしていて酸味があるものは、ウイスキーとのバランスをが難しいのでウイスキーの銘柄を少し考える必要があります。

お砂糖と生クリームで温まりながら飲むカクテルですので、基本的にはほっとできるようなまろやかさとコクのあるコーヒー豆で合わせるのがおすすめになります。

アイリッシュコーヒーにおすすめのグラス

アイリッシュコーヒーは、コーヒーとアイリッシュ・ウイスキーのベースと、生クリームの層が綺麗に見えるグラスで飲むのがおすすめです。

少しずつ生クリームが溶けて混ざり合っていくところをみながらゆったりとした時間まで楽しんでいただきたいので、耐熱のガラスのカップかグラスがあればぜひそれを使ってみてください。

もし耐熱のグラスがなけらば、以下のアイテムがとてもおすすめなので参考にしてみてください!

Bodum ダブルウォールグラスマグ

Bodumから販売されているダブルウォールグラスマグは、二重構造で保温性がとても高く、アイリッシュコーヒーを最後まで暖かいまま飲んでいただけるのでおすすめです。

シンプルでスタイリッシュなデザインなので、普通のコーヒーや他のドリンクを飲む際にも使えます。

耐熱耐久ガラスで、電子レンジもオーブンも使用可能という高機能なグラスです。

Bodum ダブルウォールグラスマグ

KINTO グラスマグ

KINTOのグラスマグも耐熱で電子レンジが可能なので、アイリッシュコーヒーにおすすめです。

シンプルで可愛らしいデザインかつお手頃な値段なので、ぜひチェックしてみてください。

種類やサイズがたくさんあるので、必ずお気に入りが見つかるはずです。

INTO グラスマグ

アイリッシュコーヒーで至福の一杯を

目でも楽しめて、ゆったりとした時間を楽しめるアイリッシュコーヒー。

カフェやバーで飲むのはもちろん、自宅でも簡単に楽しめるので、気になったらぜひ試してみてください!

コーヒーをカフェインレスのものにして、おやすみ前にストーブに当たりながら飲んだりするのもいいかもしれません。

いつものコーヒーを少し違った飲み方で楽しんでみましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる